• 車にぶつけられてケガをしたが、
    どうしていいのか分からない。
  • 病院に行ったが、検査をしても
    「たいした事ないから」と言われて
    シップと薬だけの処置で今後の施術に不安を感じた。
  • 整形外科では電気施術ばかりで、
    1ヶ月たっても、まだ首や腰が痛く、
    余計悪くなって来ている。
  • 保険会社と、今後の交渉の仕方が分からない
  • カラダが、けだるく、重く、痛だるく、
    眠りが浅くなった。
  • 事故直後は、何ともなかったが、後から辛くなってきた。
  • 現在通院中の病院・整骨院では良くならないので、
    当院へ転院を考えている。

交通事故直後の施術は、当院で約6ヶ月間

交通事故直後の施術は、当院で約6ヶ月間
実績ある事故専門施術を行い後遺症の無いカラダをつくりをしましょう

カラダの 痛み・つらさ・悩み を持ちながらも、
「どこで施術をすれば、良いのか分からない」という皆様に

この3つの喜びを患者様に感じて頂き、3つの喜びを創り出す

プロのの交通事故専門KWS施術院が、存在する事を知って下さい。


知らなきゃ損をする「交通事故施術」の仕組み

事故に遭ってしまったら、冷静になる
まず第一に、自分の気持ちを落ち着かせ、必ず冷静になりましょう。
負傷しているかの確認
動けないぐらい痛みがあり、
また、意識が遠のくような場合は、救急車(119)を呼びましょう。
二次災害の防止
事故車が動かせる場合は、周囲に注意を払い安全な場所に移動させましょう。
また、車の移動が困難な場合は、発煙筒などで後続車に知らせましょう。
必ず、警察(110)へ通報
後々のトラブルを避ける為、事故の大小に関わらず、
必ず警察に通報をしましょう。
お互いの連絡先の確認を、必ず忘れない
事故現場に相手がいる場合は、必ず免許証か保険証を見せてもらい、
住所・氏名・電話番号・車のナンバーを忘れずにメモしましょう。
また、メモする物がない場合は、携帯のカメラで、相手の身分が、
分かる内容を撮りましょう。名刺があればもらいます。
最後に、相手の加入している保険会社名も確認し、メモをしましょう。
病院で診察を受け、警察に診断書を届ける
様々な痛み・症状は、事故にあった時は、興奮状態で分からない事が多く、 
一般的に2・3日後から様々な「痛み・症状」が、出てくる事が多いです。
このような状態になる前に、痛みの大小に関わらず、必ず病院で診察を受け、
診断書を作成してもらいましょう。

その後、体に不安・痛み・辛さがあれば、病院の診断書を警察に届け、
人身事故扱いの手続きを行いましょう。

※警察に届け出をしないと、事故証明書が発行されず、
保険会社に保険金を請求しても認めてもらえない事もあります。

保険会社へ報告し、施術を受ける段取りをする
まず自分の加入している保険会社へ、事故の報告をし今後の流れを聞きましょう。
人身事故の手続きを警察で行った後、加害者の保険担当者に連絡をいれ、
施術を受ける段取りをします。

自分が通院したい施術院を、加害者の保険担当者に伝えましょう。
または、飛び込みで施術院に行き、施術を受け、その後、加害者の
保険担当者に連絡を取り、施術した施術院名を報告しても結構です。

詳しいことはお近くのKWS鍼灸整骨院へご予約を

平野院
東大阪院
大山院
荻窪院